患者が増加しています|低血圧の症状をサプリメントで緩和│重度の病気にならないためにも

低血圧の症状をサプリメントで緩和│重度の病気にならないためにも

ウーマン

患者が増加しています

女の人

進行します

アルツハイマーは、アルツハイマー型認知症という病気で、認知症の中で最も患者数の多い疾患です。症状は、まず物忘れが現れます。脳の神経細胞が壊れることによって、記憶が正常に行われなくなります。さらに進行すると、物事を正しく認識する力も衰え、生活に支障をきたすようになってしまいます。家に帰れなくなって徘徊したり、落ち着きがなくなって暴れたり、ふさぎ込んで鬱を併発したりち、介護が必要な状態に陥り、家族や周りの人にも迷惑をかけるようになります。脳内で特殊なタンパク質異常が起こるために引き起こされる症状ですが、原因はよくわかっていません。特効薬も治療法も確立していないため、世界的に患者が増加傾向にあり、社会的に大きな問題になっています。

ビタミンEが有効

アルツハイマーの研究は、日々行われており、少しずつ実体が解明されてきています。脳内でタンパク質異常を起こす物質は、βアミロイドと呼ばれるタンパク質であることがわかっています。これが脳内に溜まり出すと、脳の働きが低下し、脳萎縮を進行させます。βアミロイドは、酵素で分解されますが、この酵素量が少ない人は発症のリスクが高いです。アルツハイマーの予防法としては、ビタミンEの多い食物を摂取することが有効です。良質なナッツ類や植物性のオイルなどに多く含まれていますので、サラダにオリーブオイルをかけるとか、アーモンドやカシューナッツを細かく砕いてトッピングするなどの工夫でビタミンEの摂取量を増やすことができます。